スマートフォンケースの大切さと種類

スマホケースをつける理由とは

今の時代、スマートフォンは私たちの生活になくてはならないものです。昔のガラケーは電話やメールぐらいでした。ガラケーは元々頑丈だったし、画面が内側だった為、スマホのようにケースは無かったです。スマホにはケースを付けている人が殆どです。

まず、スマホはそこまで頑丈ではないため、スマホを守る為に、スマホケースを付けていると思います。スマホケースは、非常に沢山の種類があります。携帯ショップや大型電気店、大型ディスカウントストアや100円ショップにもあります。スマホケースは、その人の性格が表れます。デザイン性を重視するのか、持ちやすさを重視するのか、なるべくスマートフォンの形を崩さないスマホケースにするのかなど、人により違います。

スマートフォンの故障原因で1番多いのが、画面の割れです。次に、スマートフォンを落とし、衝撃が原因で動作不良になる事です。その為、スマホケースで売れているのは、画面も守って、衝撃にも強いケースが売れています。この様な、スマートフォンを守るタイプのケースには、少しの防水機能も付いています。衝撃から護る為に、シリコン製やプラスチック製、落とした場合、一番最初に地面に当たる部分に丈夫なゴムが付いているスマホケースもあります。

スマホケースは素材によってタイプが分かれる

最近のスマホケースは、実にさまざまな素材のものが出ています。よく見かけるものだと「プラスチック」素材。メリットは軽量でリーズナブルな点。またケース自体が薄いので、スマホに装着しても厚みがほぼ変わりません。デメリットは割れやすい点です。落としてしまったりぶつけてしまった衝撃で、ヒビが入ったり欠けやすいです。またケースが薄いぶん、スマホ自体にも衝撃が伝わりやすくなります。

二つ目は「レザー」素材。メリットは壊れることがなく、使えば使うほどに味が出る点です。デメリットは水に弱く、汚れが付くと落ちにくい点です。愛着がわきやすいレザー素材ですが、デリケートな素材なので扱い方には注意が必要です。

三つ目は「シリコン」素材。メリットは落としても壊れず、衝撃に強い点です。デメリットはほこり、ちりなどが付きやすく、また他の素材と比べて厚みがありかさばる点です。かわいいデザインも多いシリコン素材のスマホケースですが、実際スマホにつけてみると、かなりゴツくなります。

四つ目は「アルミ」素材。メリットはスタイリッシュかつ丈夫な点です。デメリットは傷がつきやすく、価格が高めで重量も重めな点です。物によってはネジで固定するケースもあり、少々手間がかかります。

■おすすめ参考サイト
CollaBorn
CollaBornは、フジテレビ「めざましテレビ」内のトレンド情報コーナーにてミラー付きiPhoneケースが紹介されました。 カラフルでオシャレなデザインをたくさんご用意!多くの端末で使用可能な汎用タイプの手帳型スマホケース。 カードポケット搭載・ストラップ装着可・スマホ本体を装着したまま写真撮影可能な手帳型ケースがあります。

更新情報

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

インフォメーション

様々な役割を果たすスマホケース

スマホケースの役割はさまざま あらゆるルート(インターネットショップ、家電量販店、ブランドショップ)などで…

この記事を読む

100均で手作りスマホケースが作れる

手作りスマホケースは意外と簡単 今やスマホケースは必需品だと思います。その役割は外側からの衝撃を守るためが…

この記事を読む

スマホケースの人気の種類とデメリット

用途に合わせてスマホケースを選ぶ 最近のスマホケースは様々な形があります。特に使用している方が多いのは手帳…

この記事を読む

スマホケースは手帳型がオススメ

手帳型スマホケースの利点 今の時代、スマートフォンを使用している人でケースを使用していない人はどれくらいい…

この記事を読む